看護師の仕事というのは具体的に

看護師の仕事というのは具体的に何をする?


看護師の仕事というのは具体的にどんな事をするのでしょうか?看護師の仕事としては個々の患者の状況の把握に始まり、ベッドなどの環境整備、患者さんの清拭、入浴介助、食事介助、採血・点滴、患者さんの検査や移動などを平均して5〜10人ほど1人で受け持ちます。さらに手術の準備やナースコールがあれば対応しなければいけません。


文字で簡単にまとめてみると、看護師がかなりの重労働であることがわかりますね。

さらに、看護師は医療行為が行える数少ない資格職でもあり、慢性的な人で不足に陥っています。よく介護と混同している方もいますが、確かに看護と介護は密接してはいますが同じではありません。一番大きな違いといえば「患者さんに医療行為ができるか・できないか」という点です。

看護師は医師から指示された上で患者さんに注射をしたり、点滴をしたりと医療行為をすることができます。一方介護士は近年「社会福祉士及び介護福祉士法」の一部が改正され、一部の医療行為が条件付でできるようになったものの、原則として医療行為ができません。



看護師は医者に次いで医療行為が出来る数少ない職です。

看護師の仕事の悩み 

看護師さんの悩みで一番多いのって何でしょうか。看護師さんはみんながみんな充実して仕事を行っているのではないのです。人間ですので、やはり悩みも持っているのですね。

では、どのような悩みが多いのかというと、まず1つが女性ばかりの職場でありがちな人間関係です。結構、人間関係で転職をしてしまったり、悩んで精神病にかかってしまう看護師さんが多いみたいです。基本的には人間関係というのは転職などの理由にはなりにくいのですから結構秘匿にされやすいみたいです。

また、看護師さんは労働環境ん法も悩みの種になりやすいみたいです。というのも、看護師さんのお仕事は24時間体制ですから非常な激務になりがちで休暇も少なくなりがちなのだそうです。そのため、看護師の中でも看護師のパート求人を探している人は意外と多くいるようなんですね。そんなときには看護師が転職した時の口コミを参考にするのが非常におすすめです!

また、これは病院ごとで変わってくるようなのですが、残業もサービス残業でやらされたりと非常に大変だと言うのが実情みたいですね。このように、天使と言われることもある看護師さんですが職場の人間関係や労働環境で悩むことが一番多いようです。

こういった悩みは最悪は体調の悪化や精神病の悪化につながりかねません。